• Twitter Clean

山本 容子 (やまもと ようこ)

1959(昭和34)年 堺市立大浜小学校入学 
1965(昭和40)年 大阪・聖母女学院(カトリック系の女子校)に入学、洗礼を受ける。洗礼名はベルナデッタ 
1972(昭和47)年 京都市立芸術大学美術学部西洋画科入学 
1973(昭和48)年 グループ展に出した作品が吉原英雄教授の目に留まり、「線を描くなら版画がいい」とすすめられる。 
1974(昭和49)年 同大学の版画教室へ移り、銅版画を選ぶ。梅原猛・学長、八木一夫・陶芸科教授、
吉原教授の友人であった池田満寿夫氏らから影響を受ける 
1975(昭和50)年 第27回京展紫賞受賞 
アート・コアギャラリー(京都)で初個展 
1976(昭和51)年 第1回アート・コア賞受賞 
1977(昭和52)年 第2回京都洋画版画美術展《Asparagus Paradise》で新人賞受賞 
第2回現代版画コンクール展《Summer Shower Show》でコンクール賞受賞 
1978(昭和53)年 京都市立芸術大学美術学部西洋画専攻科修了  
第2回日本現代版画大賞展《To The Park》で西武賞受賞 
1980(昭和55)年 京都市芸術新人賞を受賞 
エイボン女性年度賞芸術賞を受賞 
1982(昭和57)年 山本容子展"ポートレイト"シリーズ 
1983(昭和58)年 第4回韓国国際版画ビエンナーレ(ソウル国立現代美術館開催)で優秀賞受賞 
1988(昭和63)年 『AЛФBЙT ALPABET』(ブマーガ社)刊行(のち、1990年に日本放送出版協会より『絵本・ロシアのアルファベット』として再販) 
同年、表紙画、挿画を手がけた『おじいさんの思い出』(T・カポーティ著 村上春樹訳 文藝春秋)刊行、雑誌『マリ・クレール』に連載の吉本ばなな「TUGUMI」に挿画(~89年4月) 
1989(昭和64・平成元)年『ルーカス・クラナッハの飼い主は旅行が好き』(徳間書店)刊行 
オフィス・ルカスを設立。表紙画を手がけた『世界の文学』(集英社)全20巻の刊行開始
表紙画・挿画を手がけた『あるクリスマス』(T・カポーティ著 村上春樹訳 文藝春秋社)刊行 
この年、吉本ばなな著『TUGUMI』(中央公論新社)が刊行され、装幀で話題を呼ぶ。 
1990(平成2)年 表紙画・挿画『赤毛のアン』(L・M・モンゴメリー著 掛川恭子訳 講談社)全10巻の刊行開始(~'91年10月) 
作品集『山本容子 PRINTS 1975-1987』(安部出版)刊行 
表紙画・挿画『クリスマスの思い出』(T・カポーティ著 村上春樹訳 文藝春秋)刊行 
1991(平成3)年月刊誌『婦人公論』の表紙画を担当(~'98年3月) 
作品集『Illustrations』(講談社)刊行
作品集『Lの贈り物』(集英社)刊行 
表紙画・挿画『アポリネール動物詩集』(窪田 般弥訳 評論社)刊行
『赤毛のアンの贈り物 Anne』
(L・M・モンゴメリー著 掛川恭子訳 講談社)刊行