• Twitter Clean

平川恒太 展


【展覧会開催概要】
展覧会名:「何光年も旅した星々の光は私たちの記憶を繋ぎ星座を描く」
会期:2018 年 7 月 20 日( 金) ー7 月 29 日( 日)
  AM 11:00~PM 6:00 休廊日:月曜日
会場: ギャラリーアトス(沖縄)
https://www.galleryatos.com/
入場料: 無料
協賛: ターナー色彩株式会社
 この度、ギャラリーアトスでは埼玉県在住のアーティスト、平川恒太の個展「何光年も旅した星々
の光は私たちの記憶を繋ぎ星座を描く」を開催いたします。
平川は、今年10月に森美術館で開催される「15 周年記念展カタストロフと美術のちから展」に選
ばれるなど、活躍する若手アーティストの1人です。平川は、これまで沖縄の民俗学や歴史に興味を
持ち何度も沖縄を訪れてリサーチをしてきました。昨年の沖縄在住のアーティスト長田哲との2人展
をきっかけに本展の開催に至りました。
 平川は、「(記憶の)ケイショウ」をテーマにしており本展では、忘却されていく歴史や遺産などを
モチーフに展覧会を構成いたします。本展と同タイトルがつけられた作品『何光年も旅した星々の光
は私たちの記憶を繋ぎ星座を描くー大熊座』(画像1)では、当時、日本が参戦した戦役・事変に関
わった人物に日本国から贈られた従軍勲章を星座の形に吊り下げて制作されたモビールと、従軍勲章

のオークション結果などを展示いたします。
『当時、従軍勲章を貰った方々の中には命を失った方や命を奪った方などがいらっしゃいます。戦後
73年を迎える今年。インターネット上のオークションでは様々な理由はあると思いますが1円や
300円という値段でそれらの勲章が取引されていることを知りました。僕が手に入れた勲章の中に
は遺族によって大切に撫でられていたのか彫り物が滑らかに減っているものなどもありました。
しかし、それも500 円で手に入れました。ある骨董屋さんではジャンク品の中から見つけました。
誰かの人生と引き換えに送られたそれは戦後73年ですっかり物へと変化していました。
僕はそれらが放つ残りわずかな光を繋ぎ彼等を彼等が生きた時代を描く星座を作ろうと考えました。』
と平川は語ります。
 また本展では、昨年1年半をかけて完成した108 個の電波時計の上に福島第一原子力発電所事故の
作業員の肖像を黒い絵の具のみを用いて描いた『Black color timer』(画像2)や昨年から制作してい
る『森の茶会』シリーズ(画像3)、2014 年に発表した『Archive and Memory』(画像4)の新作を
発表します。過去の出来事、現在進行中の問題、理想の世界を描いたそれぞれのシリーズは、過去の
光で現在を照らすことで未来を想像しようとする試みのようです。
是非、この機会にご高覧いただければ幸いです。