仲本京子 絵画展

「Be kind ~心を寄せて」

身近な自然や異国の冒険、心の中。様々な瞬間を描いた「楽園シリーズ」をお楽しみ下さい。墨絵や抽象画なども合わせて展示いたします。

画家 仲本京子について

1. 1998年より、鮮やかな色彩のアクリル画「楽園シリーズ」を中心に、国内・海外の   展示会で活動中。 那覇のアトリエにも各地(各国)より多くの顧客が訪れている。
墨絵・ペン画・銅版画にも取り組んでいる。国内外、病院や公共施設、個人によるコレクション多数。 

 

2. 「楽園シリーズ」を描いて21年を迎える。総点数460点を数える。  

 

3 .1999年より2013年まで、ほぼ毎年米国ニューヨークで展示会に出品。

 

4 .2003年 A.I.R.Gallery 5th Annual Biennial (エーアイアールギャラリー   第5回ビエンナーレ展)入賞 (ニューヨーク)

 

5. 2007年 International Society of Acrylic Painters展 (国際アクリル作家協会展)入賞 (カリフォルニア)

 

6. 沖縄広告協会主催の「沖縄広告賞」の審査員を歴任中

 

7 .2020年1月、東京・国立新美術館で開催された第8回シャドーボックスジャパン展にて、作家大角周子氏主宰の グループBelle Formeとのコラボレーションが実現。
大角氏のオファーにより実現した「楽園シリーズ」を題材としたシャドーボックス11点がグループ賞を受賞。大角氏は鈴木英人のシャドーボックスも手掛けている。

 

8. 現在(2015年より)毎年取材をかねて渡欧し、約1か月滞在。多くのインスピレーションを得ている。

 

9 .2019-2020年のタウンページの表紙絵に「楽園シリーズ”楽園の首里城”」が採用される。

 

10 .2019年、千葉県のバス会社社屋へ大型作品を納入。

img209b.jpg
img209a.jpg